作業服でおなじみの寅壱!当サイトでは寅壱の安全靴について紹介します。

寅壱の安全靴

知っていると便利なこと

安全靴を決めるときに知っていれば便利なことを紹介しますのでぜひ参考にしてください。現在販売されている安全靴のほとんどがS級です。S級というのは、JIS規格の基準表になるのですが、スニーカータイプのオシャレな安全靴はほとんどS級になります。

S級は、1トンの重量に耐えられるぐらいの耐久性になります。しかし、これは1トンぐらいのものをそっと置いたときに耐えられる耐久性で、上からモノが落ちてきたときに耐えられるわけはありません。しかし、重たい荷台に踏まれるぐらいに耐えれるほどの耐久性は持っているでしょう。

安い安全靴はゴムの部分が薄くなっているのですが、高い靴であればゴムが擦り減らないというわけではありません。ハードな仕事ですぐにゴムがいたんでしまうというのであれば比較的安い安全靴を購入した方がお得でしょう。

そこまでハードに動くわけではなく、1度購入すれば1年以上は安全靴が持つというのであればそこそこ良い安全靴を買うことをおすすめします。そのあたりは、自分自身の仕事の内容で決めて使い分けるようにしてください。安全靴は自分自身の足を守ってくれる大切なアイテムの1つですので、分からない場合は質問して納得のいくものを選ぶようにしましょう。